【岐阜】東京(関東)から名古屋まで日帰り格安夜行バス!名古屋「熱田神宮」&岐阜「柳家」(^^)


この記事は 約6 分で読めます。

数年前まで食べログ全国1位として有名だった、岐阜のジビエ料理の店「柳家」さん。

現在も「食べログgold」、またフランスの格付け「LaListe2019」の10位にも選ばれ、フランス外務省で表彰を受けたそうです。

「LaListe」は世界中のお店から1000件がノミネートされた中での10位。すごい!

 

岐阜「柳家」は一見さんお断りの店で、さらに4人以上からの完全予約制…。

ハードルが高いのですが、今回は柳家に行ったことのあるサブ子の旅友さんのおかげで行けることになりました!

 

とはいえ、翌日は別の旅の予定を入れていたので、今回は東京新宿から名古屋経由での「日帰り夜行バスツアー」です。



東京→名古屋夜行バス経由で岐阜旅行「東京駅八重洲口鍛冶橋駐車場」

事前に「東京駅八重洲口鍛冶橋駐車場」を24時10分発~「名古屋(ささじまライブ)」5時40分着の夜行バス(ゆったりシート)を4500円で予約。

ささじまライブ行き夜行バス

ところが、悲劇が…

■悲劇その1…サブ子が夜行バスの出発時間を24時20分と勘違いしていた。

■悲劇その2…夜行バス乗車場がすぐにわからず迷ってしまった。

サブ子が道に迷って夜行バス乗車場に到着した時に、入れ違いで出発したバスがあったのですが…それが24時10分発の「名古屋(ささじまライブ)」行きだったのです…

 

しかし、24時30分にも「名古屋(ささじまライブ)」行きがあったので、サブ子は「あれ?24時20分じゃなくて24時30分だったんだー!」とさらなる勘違い( ;∀;)←のんき

 

…結局、もう一度お金を払って(5000円)24時30分の「名古屋(ささじまライブ)」行きの夜行バスに乗りました…

 

5000円だし、ゆったりシートじゃないし…( ;∀;)

とはいえ、仕方ないので「やってしまったことだし、これからは気を付けよう。」と自分にやさしい言葉をかけてあげて、気持ちを落ち着かせました。笑

 

それに、良かったこともあったのです。

それは、この夜行バスは「名古屋(ささじまライブ)」到着が7時台だったこと。(予約した夜行バスだと5時40分着でした。)

名古屋にあんまり早く着いても、お店も開いていないので、ちょうどいい時間でした。

夜行バスの中でウトウトしていると、あっという間に名古屋(ささじまライブ)です。

東京→名古屋の格安夜行バスなら「アミー号」

東京から名古屋夜行バスで行かれることが多い方におすすめのサービス【格安夜行バス アミー号】をご紹介します。

 

格安夜行バス アミー号】は、「東京⇔関西」、「東京・千葉⇔名古屋」の格安夜行バス旅行を提供している会社です。

 

東京⇔関西」の3列シートプラズマクラスターイオン発生器を搭載!

快適な旅を楽しめますよ!

千葉・東京⇔名古屋」の4列シートは、通常料金の500円割増しにて一人で二席独占できるダブルシートもあります!

 

東京から関西名古屋夜行バスで行かれることの多い方には、格安夜行バス アミー号をぜひご利用してみて下さいね (^^)





東京→名古屋夜行バス経由で岐阜旅行「熱田神宮」

名古屋(ささじまライブ)から15分ほど歩いて名鉄名古屋駅へ。

そこから2駅(6分)の神宮前駅に向かいます。

 

三種の神器のひとつである草薙剣(くさなぎのつるぎ)を奉安されていることでも有名な「熱田神宮」

約6万坪の広大な敷地で、まるで森の中にいるようでした。

熱田神宮

早朝の神社で、すがすがしい気持ちで参拝。

熱田神宮 御神木

この大楠は、弘法大師が直接手植えしたと言われている樹齢1000年以上の御神木。

スマホの待ち受けにするといいそうで、写真を撮っている方がたくさんいました。

 

参拝後も、神宮内をウロウロ~この時点でスマホの万歩計が1万歩超えていました。笑

 

パワースポット 熱田神宮の詳細については以下の記事に書かせていただきました。

【愛知】草薙剣が祭られた名古屋のパワースポット「熱田神宮」でご参拝!「喜与女茶寮」できよめ餅も(^人^)
「草薙剣」を祀っている、愛知県名古屋市の熱田神宮。早朝は空気も澄んでいて気持ちいい。まず上知我麻神社、両脇に大黒様と恵比寿様がお祀り。毎年1月5日は「初えびす」があるそう。別宮八剣宮、楠御前社、二十五丁橋、南神池、大楠、本宮、清水社、こころの小径、一之御前神社を拝見した後「喜与女茶寮」できよめ餅をいただきました!

ぜひ読んでいただけると、うれしいです。

東京→名古屋夜行バス経由で岐阜旅行「喜与女茶寮」

「熱田神宮」を歩き疲れたので、「喜与女茶寮」へ。

喜与女茶寮

真っ白で俵型のお餅です。

お餅に薄く「きよめ」と書いてあります。

 

薄めのお餅と程よいこしあんの甘さがたまりません。

秋には栗入りのきよめ餅も出るそう。

 

ゆっくり休んで、いよいよ柳家の最寄り駅「瑞浪(みずなみ)駅」に向かいます。

東京→名古屋夜行バス経由で岐阜旅行「瑞浪(みずなみ)駅」

名古屋駅から瑞浪までは中央本線で56分。

瑞浪駅

瑞浪で旅友7人と待ち合わせ、柳家の送迎バスが来るのを待ちます。

柳家の送迎バスは6人以上で出してくれます。

 

私たち以外にもお客さんがいて2台で柳家まで移動です。

東京→名古屋夜行バス経由で岐阜旅行「柳家」

こちらが食べログgold、またフランスの格付けLaListe2019の10位に選ばれた「柳家」さん。

看板も出ていないので、知らない人が見たら普通の民家です。

岐阜 柳家

メニューはおまかせのコースのみ。

この日は12000円+飲み物でした。(昼も夜も値段は変わりません)

 

冬の柳家はジビエがメイン!

食通は冬の柳家に行くべし!」と言われているそうです。

サブ子は食通というより、ただの食いしん坊なのですが…(^^;)

岐阜 柳家 冬ジビエ

囲炉裏のあるお部屋で、ひと串ずつ丁寧に焼いてくれます。

 

お肉を食べるということは、命を分けていただいているんだということを物凄く意識できた貴重な食事。

そして、自然の中で強く生きていた動物たちのお肉を食べると、すごく元気になりました。

(サブ子は翌日もほぼ寝ないで旅に行けたぐらい元気になりました。笑)

岐阜 柳家 鍋

お鍋や自然薯のご飯も最高でした。

最後は名刺をいただきました。また来よう~(^▽^)

 

柳家を出たのは3時過ぎ。

帰りも送迎バスで瑞浪駅まで送ってもらいました。

岐阜 柳家 ジビエ料理の詳細については以下の記事に書かせていただきました。

【岐阜】食べログ1位!ミシュラン級?一見さんお断り(要予約)の「柳家」で冬のジビエ料理&ワインv(-v-)v
数年前まで食べログ全国1位、LaListe 2019の10位にも選ばれた「柳家」さん。ミシュランにこそ選ばれていませんが、一見さんお断りで、さらに4人以上からの完全予約制の有名店。メニューはおまかせのコースのみ。冬の柳家はジビエ料理がメインで料理に合わせたワインも楽しめる。鴨ネギ、鴨のロース、鴨鍋などを満喫。

ぜひ読んでいただけると、うれしいです。

 

名古屋城に行こうと思っていたのですが、そこまでの時間はなかったので、栄のオアシス21へ!



[**次ページへ続く**]