【富山】氷見市「氷見温泉郷 総湯」の割引クーポン!タオルは有料(洗い場にシャンプー等は有)&ほっこり食堂のメニュー(^^)/


この記事は 約7 分で読めます。

ぽっぽ―♪ 旅する食いしん坊 はとサブ子です(*•ө•*)ノ♡

サブ郎さん&サブ子の気の向くままに北陸ツア~(*^ө^*)ノ

温泉濃度が濃いことで有名な、「氷見温泉郷 総湯」に入ることにしました。

氷見温泉郷 総湯」の隣は、「道の駅 氷見漁港場外市場ひみ番屋街」や、「氷見前寿司」(回転寿司)、海を見ながらの足湯…など、施設が充実しています。

 

早い時間に来れれば良かったのですが…(;・∀・)

サブ子たちが到着したのは21時過ぎだったので、真っ暗でした…笑



富山県氷見市 氷見温泉郷 総湯「アクセス」(行き方)

富山県氷見市氷見温泉郷 総湯」に車でアクセスする場合の行き方は、

能越自動車道「氷見」ICを降り、約8分

(カーナビ住所を「富山県氷見市北大町25-5」に設定)

 

富山県氷見市氷見温泉郷 総湯」に電車・バスでアクセスする場合の行き方は、

JR「氷見」駅を下車、タクシーで約5分  /  加越能バスで約12分

JR「氷見」駅を下車、徒歩で約20分

富山県氷見市 氷見温泉郷 総湯「住所」(場所)

富山県氷見市氷見温泉郷 総湯」の住所(場所)は、

〒935-0004
富山県氷見市北大町25-5

です。

富山県氷見市 氷見温泉郷 総湯「駐車場」

富山県氷見市氷見温泉郷 総湯」には、普通車90台が駐車できる駐車場があります。

駐車場の駐車料金は、無料です。

富山県氷見市 氷見温泉郷 総湯「営業時間」

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯 営業時間

富山県氷見市氷見温泉郷 総湯」の営業時間は、

10:00~23:00 (最終入館 22:00)

です。

富山県氷見市 氷見温泉郷 総湯「定休日」

富山県氷見市氷見温泉郷 総湯」の定休日は、ありません。

富山県氷見市 氷見温泉郷 総湯「電話番号」

富山県氷見市氷見温泉郷 総湯」の電話番号は、

0766-72-3400

です。

富山県氷見市 氷見温泉郷 総湯「料金」

氷見温泉郷 総湯 料金「入浴料」

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯 入浴料金

氷見温泉郷 総湯」の入浴料は、

大人(中学生以上) 600円
小人(小学生以下) 300円
幼児(3歳以下) 100円

入浴回数券(11枚) 6000円

です。

氷見温泉郷 総湯 料金「タオル・バスタオル」

氷見温泉郷 総湯」では、タオルバスタオルは有料です。

(シャンプー・リンス・ボディーソープは洗い場に完備されています。)

タオル 100円
バスタオル(レンタル) 100円

となっています。

氷見温泉郷 総湯「クーポン割引」

JAFカードがクーポン(割引券)となり、JAFカード提示で入園料金が100円割引になります!

 

まだJAF会員で無い方は、【JAF新規会員登録】すれば、JAFの様々な割引が受けられますよ。


旅に出かけると、JAFカードを持っていればタイヤのパンクやバーストにも24時間365日ほとんど無料で対応してくれるので安心なのはもちろんですが、JAFカードはクーポン割引券の代わりとして割引やサービスに使えるので助かります。

まだJAF会員で無い方はぜひ、【JAF新規会員登録】をおすすめします!

富山県氷見市 氷見温泉郷 総湯「泉質・効能」

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯

源泉名は、氷見温泉 総湯

平成23年12月に1250mの地中から湧出。

温度は約67度で、適温まで自然に冷ましてから使用しています。

 

泉質は、塩化物強塩温泉。

黄土色でしょっぱいのが特徴です。

 

温泉の効能は、神経痛・筋肉痛・関節のこわばり・やけど・慢性消化器病・慢性皮膚病・疲労回復などに効果があると言われています。

富山県氷見市 氷見温泉郷 総湯「外観」

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯

夜だったので、あまり見えませんが…(;・∀・)

 

氷見温泉郷 総湯」は、2階建てのお風呂屋さんでした。

富山県氷見市 氷見温泉郷 総湯「ほっこり食堂」

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯 ほっこり食堂

氷見温泉郷 総湯では、「ほっこり食堂」と「休憩所」が一緒になっています。

 

ほっこり食堂を利用しない人も、休憩所として利用できますよ。

氷見温泉郷 総湯 ほっこり食堂「営業時間」

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯 ほっこり食堂 営業時間

氷見温泉郷 総湯ほっこり食堂」の営業時間は、

10:00~21:00 (ラストオーダー 20:40)

です。

氷見温泉郷 総湯 ほっこり食堂「メニュー」

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯 ほっこり食堂 メニュー

「本日のほっこり丼」 (800円)
「本日のほっこり定食」 (900円)

「カレーライス」 (650円)
「カツカレー」 (850円)
「エビフライカレー」 (850円)
「うな次郎丼(うなぎ蒲鉾丼)」 (600円)
「ミニ丼セット(みそ汁・漬物付)」 (500円)

「湯あがりセット(生ビール+枝豆+ミニ冷奴)」 (500円)

「うどん」「そば」 (400円)
「わかめうどん」「わかめそば」 (500円)
「月見うどん」「月見そば」 (550円)
「山かけうどん」「山かけそば」 (550円)
「きつねうどん」「きつねそば」 (550円)
「ざるうどん」「ざるそば」 (600円)
「天ぷらうどん」「天ぷらそば」 (750円)

「カレーうどん」 (600円)
「天ざるうどん」 (1000円)
「うどん定食」「そば定食」 (500円)
「醤油ラーメン」 (650円)
「しおラーメン」 (650円)
「チャーシューメン」 (750円)
「ざるラーメン」 (650円)

などなど…メニューは豊富です。

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯 ほっこり食堂 メニュー

「かき氷」 (250円)
「かき氷+練乳」 (300円)
「かき氷+練乳+あずき」 (350円)

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯 ほっこり食堂

氷見温泉郷 総湯ほっこり食堂」は、食券購入をします。

サブ子が行った時には、すでに営業時間は終了でした。

 

営業時間終業後でも、お茶と水は飲めました♡

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯 ほっこり食堂

氷見温泉郷 総湯ほっこり食堂」には、テーブル席と畳の席があります。

ちょっとゆっくりするには、ちょうどいい場所です。

富山県氷見市 氷見温泉郷 総湯「手もみ処」(マッサージ)

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯 手もみ処 マッサージ

氷見温泉郷 総湯「手もみ処」(マッサージ)のメニューは、

「ボディケア」
20分 (2100円) / 30分 (3100円) / 40分 (4000円) / 60分 (5900円) / 80分 (7800円)

「フットケア」
20分 (2100円) / 40分 (4000円) / 60分 (5900円)

「セットコース」
40分 (3900円) / 60分 (5700円) / 80分 (7500円)

 

お風呂上がりにマッサージをされたら、体がほぐれそうですね~♪

富山県氷見市 氷見温泉郷 総湯「キルトたぺすとり」

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯 キルトたぺすとり

氷見温泉郷 総湯は、お風呂は2階です。

階段とエレベーターが選べます。

 

階段で上がっていくと、大きなキルトの壁掛けがありました。

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯 キルトたぺすとり

なんとこの「キルトたぺすとり」は、着物の生地を使っているそう!

和の雰囲気です。

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯 キルトたぺすとり

2階に上がると、もっと鮮やかな作品がありました。

「魚取の郷の祭」という、白石末子さんの作品。

 

着物の柄をうまく出しながら、細部まで丁寧に作られています。

見れば見るほど、すごい作品です。

 

まさかお風呂屋さんで、こんなすごい作品に出会えるとは…♡

富山県氷見市 氷見温泉郷 総湯「入浴の仕方」

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯

氷見温泉郷 総湯」は成分が濃いため、長湯すると湯あたりするので注意が必要です。

 

一緒に入っていた人の話によると、湯あたりして倒れる人が多いそう(;・∀・)

浴室にも何枚か張り紙がしてありました。

 

サブ子はあまり長湯できないタイプなので、内風呂と露天風呂と休憩を繰り返しながら気を付けて入りました。(3セットぐらいが目安のようです。)

特に、内湯は熱めで成分が濃いので要注意!

良いお湯だからついつい入っていたくなるけれど、無理は禁物ですよ。

 

気を付けていたはずのサブ子ですが、入浴後は(*﹏*๑) ←こんな感じでした。笑

富山県氷見市 氷見温泉郷 総湯「お土産」

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯

氷見温泉郷 総湯ではちょっとしたお菓子やおつまみ、お土産が購入できます。

富山県氷見市 氷見温泉郷総湯 お土産

たまごボーロ、柿の種(白えび風味)、おつまみしじみ、黒豆つくね、ミネラルウオーター、パック入りスイカなど。

 

氷見温泉郷 総湯はこじんまりとしていますが、成分が濃くて良いお湯でした♡

良いお湯なのでついつい長湯したくなるのですが、自分の身体と相談して入るのが正解です。笑

 

少しでも参考になると、うれしいです。





施設情報「氷見温泉郷 総湯