【愛知】草薙剣が祭られた名古屋のパワースポット「熱田神宮」でご参拝!「喜与女茶寮」できよめ餅も(^人^)


この記事は 約9 分で読めます。

ぽっぽ―♪ 旅する食いしん坊 はとサブ子です(*•ө•*)ノ♡

三種の神器のひとつである「草薙剣を御神体として祀っていることでも有名な、愛知県名古屋市にある「熱田神宮」。

熱田神宮は、名古屋パワースポットとしても有名です。

 

草薙剣」は、別名「草那藝之大刀」や「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)」などとも言われているそうです。

 

熱田神宮は、名鉄名古屋駅から名鉄名古屋本線急行で2駅(6分)の熱田駅から徒歩3分のところにあります。



名古屋 パワースポット「熱田神宮」

熱田神宮」とは、愛知県名古屋市熱田区にある神社。

皇室ゆかりの神宮で、三種の神器のひとつである草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を御神体として祀る神社として知られています。

 

三種の神器とは、天照大神(あまてらすおおみかみ)から授けられた鏡・玉・剣のこと。

草薙の剣以外の2つは、咫の鏡(やたのかがみ)と八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)になります。

咫の鏡は伊勢神宮の内宮に、八尺瓊勾玉は皇居に祀られています。

 

第12代天皇・景行天皇の時代に、日本武尊(やまとたけるのみこと)は草薙神剣を現在の名古屋市緑区大高町火上山に置いたまま、三重県亀山市能褒野(のぼの)の地で病に倒れ、亡くなってしまいました。

その後、日本武尊の妃・宮簀媛命(みやすひめのみこと)が草薙神剣を熱田の地に祀ったそうで、それが熱田神宮の始まりとされています。

 

永禄3年(1560年)に織田信長が土塀を奉納しましたが、これは「信長塀」として、現在も境内で見ることができます。

 

熱田神宮の境内は約6万坪の広さがありますが、その中には樹齢千年を越える「大楠」や、宝物館には信仰の歴史を物語るものとして、およそ6,000点の貴重な国宝クラスの宝物が所蔵されています。

 

境内外には本宮・別宮外43社が祀られ、様々な祭典・神事などの年間行事も行われており、たくさんの参拝者が訪れる神社として今日に至っています。

名古屋 パワースポット 熱田神宮「アクセス」(行き方)

名古屋熱田神宮」に車でアクセスする場合の行き方は、

(1) 東京方面から
名古屋高速「呼続」ICを降りる → 堀田通り「地下鉄堀田」交差点を左折 → 国道1号線「伝馬町」交差点を右折、直進すぐ「東門駐車場」

(2) 大阪方面から
名古屋高速「堀田」ICを降りる → 堀田通り「地下鉄堀田」交差点を右折 → 国道1号線「伝馬町」交差点を右折、直進すぐ「東門駐車場」

(3) 伊勢方面から
名古屋高速「白川」ICを降りる → 「若宮北」交差点を右折 → 国道19号線を直進 → 「旗屋町」交差点を過ぎてすぐ「西門駐車場」

(4) 中部国際空港(セントレア)から
名古屋高速「呼続」ICを降りる → 堀田通り「地下鉄堀田」交差点を左折 → 国道1号線「伝馬町」交差点を右折、直進すぐ「東門駐車場」

(カーナビ住所を「愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1」に設定)

 

名古屋熱田神宮」に電車でアクセスする場合の行き方は、

名鉄「神宮前」駅を下車、徒歩で約3分

名古屋 パワースポット 熱田神宮「住所」(場所)

名古屋熱田神宮」の住所(場所)は、

〒456-0031
愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1

です。

名古屋 パワースポット 熱田神宮「駐車場」

名古屋熱田神宮」には、約400台駐車できる駐車場があります。

東門駐車場が約300台、西門駐車場が約40台、南門駐車場が約60台です。

駐車場の駐車料金は、無料です。

 

当日に満車で駐車場が入れない…

そんな不安がある方は【軒先パーキング】【akippa(あきっぱ!)】【特P(とくぴー)】などの駐車場事前予約サイトで周辺の駐車場を検索し、駐車場を予約しておくと、当日は確実に駐車できて安心ですよ(^^)

名古屋 パワースポット 熱田神宮「営業時間」

名古屋熱田神宮」の営業時間は、

参拝については24時間可能です。

祈祷については、8:30~16:00です。

名古屋 パワースポット 熱田神宮「定休日」

名古屋熱田神宮」の定休日は、

「神宮」 定休日はありません

「宝物館」 毎月最終水曜日とその翌日、12月25日

名古屋 パワースポット 熱田神宮「電話番号」

名古屋熱田神宮」の電話番号は、

052-671-4151
です。

名古屋 パワースポット 熱田神宮「参拝」

熱田神宮」には、サブ子は東門から入りました。

早朝の熱田神宮は空気も澄んでいて、とっても気持ちがいいです。

熱田神宮 東門

熱田神宮では、約6万坪という広大な敷地に、樹齢数百年という木々が森のように生い茂っています。

熱田神宮

早朝のため熱田神宮には人は少なく、カラスがお出迎えしてくれていました。笑

熱田神宮

熱田神宮を東門から入ってまっすぐ進むと、大きくてわかりやすい看板が!

まずは「上知我麻神社」へ。

熱田神宮 上知我麻神社(かみちかまじんじゃ)

上知我麻神社

この鳥居をくぐると、熱田神宮 上知我麻神社(かみちかまじんじゃ)です。

上知我麻神社

熱田神宮 上知我麻神社は両脇に大黒様と恵比寿様がお祀りされています。

商売繁盛・家内安全にご利益があるそうですよ。

熱田神宮 初えびす

そして、毎年1月5日はこの両社の祭「初えびす」があり、熱田神宮 上知我麻神社は参拝者がたくさん来てにぎわうそうです。

初えびすのポスターがおしゃれで素敵!干支の亥もいます。

熱田神宮 別宮 八剣宮(べつぐう はっけんぐう)

別宮八剣宮

熱田神宮 上知我麻神社の隣にあるのが「熱田神宮 別宮 八剣宮(べつぐう はっけんぐう)」。

織田信長・徳川家康・徳川綱吉といった武家の信仰が篤い神社なのです。

 

熱田神宮 別宮 八剣宮には本宮と同じ天照大神が祀られていて、建築様式や祭典・神事も本宮と同じように執り行われているそうです。

別宮八剣宮

熱田神宮 別宮 八剣宮での参拝を終え、熱田神宮・本宮に向かおうとした時、ちょうど木の隙間から光がさしてきました。きれい♡

熱田神宮 楠御前社(くすのみまえしゃ)

楠御前社

正門(南門)から熱田神宮の正参道を少し歩くと、右側に見える森の中の小さな神社が「熱田神宮 楠御前社(くすのみまえしゃ)」です。

 

気になって熱田神宮 楠御前社に行ってみたところ、安産・縁結び・病気平癒の神様だそうです。

熱田神宮 楠御前社には社殿がなく、垣の中に楠の神木が祀られています。

熱田神宮 二十五丁橋(にじゅうごちょうばし)

眼鏡之碑

熱田神宮の正参道をさらに少し歩くと左側に見えるのが、この「眼鏡之碑」。

二十五丁橋

さらに進むと見えるのが、板石が25枚並んでいることから名付けられた「熱田神宮 二十五丁橋(にじゅうごちょうばし)」。

熱田神宮 二十五丁橋は、名古屋では最古の石橋なのだそう。

南神池

さらに進むと「熱田神宮 南神池(みなみしんいけ)」。

 

隣には「お休み処 清め茶屋・宮きしめん」があります。

9:30からの営業だそうです。

食べたかったなぁ…残念(^^;)




熱田神宮の大楠(おおくす)

熱田神宮 手水舎 献酒

また、熱田神宮の正参道に出て少し歩くと、左手に手水舎と献酒、そして…

熱田神宮 大楠

「熱田神宮の大楠(おおくす)」です。

 

空海が直接手植えしたと言われている熱田神宮の大楠は樹齢1000年以上の御神木。

熱田神宮の大楠はスマホの待ち受けにするといいそうで、写真を撮っている方がたくさんいました。

熱田神宮 本宮(ほんぐう)

熱田神宮 本宮

さらに、熱田神宮の正参道を歩くと、「熱田神宮 本宮」が見えてきます。

 

熱田神宮 本宮では、三種の神器のひとつである「草薙剣」を御神体として祀っています。

草薙剣八岐大蛇(ヤマタノオロチ)の体から生れ出たとされる剣

神様の体から出た剣が御神体って…物凄くパワーがありそうですね!

熱田神宮

曇り空が晴れてきて、本当にすがすがしい参拝になりました。

急におみくじを引きたくなり…

熱田神宮 おみくじ

引いてみたら、大吉!切磋琢磨がんばります (^^)

熱田神宮 清水社(しみずしゃ)

清水社

本殿の東側にある「熱田神宮 清水社(しみずしゃ)」。

熱田神宮 清水社の御祭神は水をつかさどる神様である罔象女神(みずはのめのかみ)。

清水社

熱田神宮 清水社の社殿の奥に湧いている水で眼を洗えば眼がよくなり、肌を洗えば肌がきれいになると言われているそうです。

 

また、熱田神宮 清水社の社殿の奥にある石塔は楊貴妃の墓石とも言われていて、石塔に向かって、湧水を柄杓にくんで3回かけると、願いがかなうと言われています。

サブ子もばっちり3回かけてきました♡

熱田神宮 こころの小径(こころのこみち)

こころの小径

熱田神宮 こころの小径(こころのこみち)」には、時間が早すぎては入れませんでした…がーん。

でも、参入時間まであと10分ほどだったので、待つことにしました。

 

熱田神宮 こころの小径は森の中を歩いているような、心地の良い小径でした。

また、熱田神宮の本宮を北側から参拝することができます。

 

熱田神宮 こころの小径は、御神体を一番近くで参拝できる場所でもあるのです。

熱田神宮 一之御前神社(いちのみさきじんじゃ)

熱田神宮 こころの小径の中にあるのが「熱田神宮 一之御前神社(いちのみさきじんじゃ)」。

 

熱田神宮 一之御前神社は天照大御神の怒りの魂である「荒魂(あらたま)」をお祀りしています。

神様の荒魂に祈願すると、ありあまるほどのパワーに後押しされて願いが叶うそうです。

 

「勢い」がほしい時には、最高のパワースポットですね!

 

そんなこんなで熱田神宮内をウロウロしていたので、朝9時過ぎの時点でスマホの万歩計が1万歩超えていました。笑

 

熱田神宮前「喜与女茶寮」

さすがに歩き疲れたので、熱田神宮の前にある「喜与女茶寮」へ。

喜与女茶寮 きよめ餅

喜与女茶寮と言えば「きよめ餅」。

 

きよめ餅とは真っ白で俵型のお餅です。

お餅に薄く「きよめ」と書いてあります。

 

薄めのお餅と程よいこしあんの甘さがたまりません♡

喜与女茶寮 きよめ餅

「きよめ抹茶セット」540円

抹茶の他に普通のお茶もついてくるところが良いですね。

 

パワースポット 熱田神宮で神様からパワーをもらい、喜与女茶寮で甘いものを食べて…めちゃくちゃ元気が出ました!

2019年、良い年になりそうです(^▽^)♡

 

少しでも参考になると、うれしいです。





 施設情報「熱田神宮」