【岐阜】食べログ1位!ミシュラン獲得!一見さんお断り(要予約)の「柳家」で冬のジビエ料理&ワインv(-v-)v


この記事は 約4 分で読めます。

ぽっぽ―♪ 旅する食いしん坊 はとサブ子です(*•ө•*)ノ♡

数年前まで食べログ 全国1位として有名だった、岐阜県にあるジビエ料理の店「柳家」さん。

柳家さんはミシュランでも星付き料理店でもありませんが食べログ全国1位とはすごいですよね!

(ミシュランガイド 愛知・岐阜・三重2019特別版で二つ星を獲得したそうです)

 

欧米ではミシュランの三つ星のお店が田舎にぽつんとあったりするそうですが、柳家は日本でそのような食文化を体現していることもあって、欧米からの旅行者からも人気があるそうです。

柳家の3代目のご主人・山田和孝さんがワインの勉強もされたらしく、ジビエ料理に合わせておいしいワインもいただけると評判です。

 

また、現在も食べログgold、またフランスの格付けLaListe 2019の10位にも選ばれ、フランス外務省で表彰を受けたそうです。

LaListeは世界中のお店から1000件がノミネートされた中での10位…すごいです!

 

柳家一見さんお断りのお店で、さらに4人以上からの完全予約制、場所は岐阜。

かなりハードルが高いのですが、今回は柳家に行ったことのあるサブ子の旅友さんのおかげで行けることになりました♡



岐阜 ミシュラン ジビエ料理「柳家」

柳家」とは、岐阜県瑞浪市にある、1946年創業の郷土料理の老舗。

 

柳家さんは、安政6年に建てられた古民家を移築した建物にお店を構えています。

内装は全席が掘りごたつ型の囲炉裏席となっています。

 

カカクコムグループが運営するグルメサイト「食べログ」で10年連続1位という記録を誇り、一見さんお断りで最低4名からの完全予約制

 

料理のメニューは「おまかせコース」しかなく、完全にお店にお任せの内容となっています。

料理の内容は季節によって変わり、夏は鮎など、秋は松茸など、冬は熊や猪のジビエ料理となるそうです。

 

現在は3代目となる山田和孝氏がご主人で、料理をいただいている3時間(コース料理の時間)は現実を忘れて、田舎らしさを楽しんでもらいたいというお考えでお料理をご提供されているそうです。

 

瑞浪の市街地から車で30分とアクセスしにくい立地であるにも関わらず、多くのエグゼクティブや海外からのゲストが訪れる、日本屈指の郷土料理の名店です。

岐阜 ミシュラン ジビエ料理 柳家「送迎バス」

東京駅から夜行バスで名古屋駅へ。

名古屋駅から「柳家」の最寄り駅、岐阜県瑞浪市の「瑞浪駅」までは中央本線で56分。

瑞浪駅

サブ子は瑞浪駅の改札で、一緒に柳家に行く友だちと待ち合わせました。

瑞浪駅は大きな駅ではないので、友だちとすぐに合流。

 

予約していた柳家の送迎バスは11時40分に来ました。

瑞浪駅

柳家の送迎バスは6人以上で出してくれます。

私たち以外にもお客さんがいたので、2台で柳家まで移動です。

 

車で20分ほどのところにある柳家

のどかな景色を見ながら、ちょっとしたドライブ~♬

 

おしゃべりしていたら、あっという間に柳家に到着です(^^)

岐阜 柳家

柳家は看板も出ていないので、知らない人が見たら普通の古民家です。笑

岐阜 柳家

柳家の高台にあるので見晴らしがいいです。

岐阜 ミシュラン ジビエ料理 柳家「内装」

柳家ジビエ料理メニューはおまかせのコースのみ。

柳家は季節ごとにお料理が変わるので、少なくとも季節ごとに4回(春夏秋冬)は行かないと良さがわからないらしいです。

 

冬の柳家ジビエ料理がメイン!

食通は冬の柳家に行くべし!」と言われているそうで、ジビエ料理は人気があるそうです。

サブ子は食通というより、ただの食いしん坊なのですが…(^^;)

岐阜 柳家 囲炉裏

柳家の各お部屋には囲炉裏があり、囲んで座れるように用意されています。

テーブルごとに、焼いてくださる店員さんが1人ついてくれます。

岐阜 柳家

席に座るとこのような感じです。



[**次ページへ続く**]