【北海道札幌市】「六花亭 札幌本店」喫茶室(カフェ)限定メニュー&誕生日プレゼント(無料ケーキ)!お土産お菓子も(*^^*)


この記事は 約3 分で読めます。

北海道 六花亭 札幌本店 1階「店舗」(お土産屋)

北海道 六花亭 札幌本店 店舗

1階にある「六花亭 札幌本店」店舗(お土産屋)。

 

ここでおいしそうなお土産お菓子を探すのが、札幌本店に来る時の一つの楽しみです。

六花亭 札幌本店 1階 店舗 お土産お菓子1「ポテトチップス」

北海道 六花亭 札幌本店 店舗 お土産お菓子 ポテトチップス

2018年に発売された、六花亭のポテトチップス。

発売当時、SNSで拡散された商品なのだそう。

初めて見ました~(^^♪

 

じゃがいもと、塩、こめ油だけで作ったポテトチップスなんですって♡

おいしそう~(•ө•)♡

北海道 六花亭 札幌本店 店舗 お土産お菓子 ポテトチップス

「ポテトチップス」 1箱(60g×12袋) (1800円)

 

なんと箱売りもされていました!

箱もかわいい…♡

北海道 六花亭 札幌本店 店舗 お土産お菓子 ポテトチップス

「ポテトチップス」 1袋(60g) (150円)

 

ポテトチップスは、持ち帰りのみの商品。

ポテト好きのサブ子は箱でほしかったけれど…

ちょっと大きすぎるよねぇ(;´・ω・)笑

 

というわけで、1袋だけ購入しました♡

六花亭 札幌本店 1階 店舗 お土産お菓子2「おかげさま」

北海道 六花亭 札幌本店 店舗 お土産お菓子 おかげさま

「おかげさま」 (130円)

 

「おかげさま」 は、新千歳空港では販売していない商品なのだそう。

最中の中に、ヘーゼルナッツとチョコレートを挟んだお土産お菓子です。

 

サブ郎さんと実食したところ…

こ、これは…「ぬ~ぼ~」に似ている!!

(「ぬ~ぼ~」とは、森永製菓が発売したエアインチョコのお菓子)

高級な「ぬ~ぼ~」だー!おいしい~♡

 

おいしくて、軽いので、一度に何個も食べられちゃうお菓子でした。

六花亭 札幌本店 1階 店舗 お土産お菓子3「北加伊道(ほっかいどう)」

北海道 六花亭 札幌本店 店舗 お土産お菓子 北加伊道

「北加伊道」 (125円)

 

「北加伊道」も、新千歳空港では販売していない商品なのだそう。

つぶあんをパイで包んだお土産お菓子です。

北海道命名百五十年記念菓として2018年3月に登場しました。

 

間違いのないおいしさ。

お茶でも紅茶でもコーヒーでも牛乳でも合うお菓子でした♡

六花亭 札幌本店 1階 店舗 お土産「お菓子以外のグッズ」

北海道 六花亭 札幌本店 店舗 お土産 グッズ

お土産お菓子の他にも、文具などのグッズ販売がありました。

 

「シャープペン」「ボールペン」 各(270円)
「クリアファイル」 (270円)
「マスキングテープ」 (420円)

どれもかわいいです♡

北海道 六花亭 お菓子「通信販売」(通販)

埼玉在住のサブ子にとって、六花亭のお菓子はなかなか手に入りにくいのです。

普段サブ子は、デパートの「北海道物産展」や、有楽町「どさんこプラザ」で購入することが多いです。
とはいえ、「北海道物産展」は期間限定。
「どさんこプラザ」でも、売っている時と、売っていない時があります(^^;)

どうしても六花亭お菓子を食べたい時や、サブ子と同じく六花亭ファンの親戚に贈り物をする時などは、通信販売(通販)で購入しています。

ほとんどの六花亭お菓子を食べてきたサブ子の、通信販売(通販)でのおすすめ商品は…

六花亭 お菓子 通信販売1「マルセイバターサンド」

六花亭といえば、「マルセイバターサンド」!!
マルセイバターサンド」は、レーズンサンド風のお菓子です。

レーズンサンド好きのサブ子は、色々なお店(某有名果物専門店・某有名パン屋・某有名洋菓子店など…)のレーズンサンドを食べてきましたが…やっぱり、レーズンサンドは六花亭が好き♡
おいしいし、都内の有名店よりお手頃価格なのも、うれしいです。

サブ子は、「マルセイバターサンド 20個入」を購入することが多いです。
マルセイバターサンド」の賞味期限は製造日から10日と短いので、賞味期限内に食べられない場合は冷凍がおすすめです。 冷凍後の「マルセイバターサンド」は、解凍の仕方によっては、本来の食感にならないこともあります。
なので、冷凍した「マルセイバターサンド」は解凍せずに、そのまま食べるのがおすすめ!!

冷凍するとクッキー部分がしっとりして、冷たいクリームがお口の中で溶けて…
おいしい~♡ 幸せ~♡ となります (^^) 笑

六花亭 お菓子 通信販売2「ストロベリーチョコ(ミルク・ホワイト)」

ストロベリーチョコ ホワイト」「ストロベリーチョコ ミルク」は、丸々1個フリーズドライされたいちごが六花亭のチョコレートでコーティングされているお菓子です。

初めて食べた時は、フリーズドライされたいちごのサクサクとした食感に( ´・д・)ん?と思ったのですが…
食べ続けていると、これがやみつきになるのです♡ 甘酸っぱいいちごとチョコレートが混ざり合った時の幸福感がたまらないです (^^)

パッケージもかわいいですよ♡

六花亭 お菓子 通信販売3「六花のつゆ」

六花のつゆ」は、砂糖の薄い膜でお酒を包み込んだボンボンです。

ワイン、ブランデー、うめ酒、ペパーミント、コアントロー、ハスカップの6種類入っています。
ひとつひとつは小さなキャンデーの大きさで、食べるとあっという間に溶けだして、お口の中にお酒の香りが広がります。

サブ子は元々お酒が強くないので、ずっと食べたことがなかったのですが、缶がかわいかったので購入したところ…
めちゃうま~(*´∀`*)♡笑 サブ子は食べすぎ防止のため、「六花のつゆ ミニ缶」の方を購入しています。笑

六花亭 お菓子 通信販売4「マルセイバターケーキ」

マルセイバターサンド」とセットのように置いてあることが多い「マルセイバターケーキ」。
並べられていると、どうしても「マルセイバターサンド」を買ってしまうのですが…
実は「マルセイバターケーキ」もめちゃくちゃおいしいのです。 昔、六花亭 札幌本店で、1個だけ買って帰りの飛行機の中で食べたところ…
バターの風味とサンドされたチョコレートガナッシュが混ざり合って「お、おいしい…」という衝撃と「なんで1個しか買ってこなかったのだろう…」という後悔をしたお菓子です。笑

六花亭 お菓子 通信販売5「いつか来た道」

六花亭お菓子はネーミングも素敵。
その中でもおすすめなのが「いつか来た道」。
いつか来た道」は作詞北原白秋、作曲山田耕筰の「この道」という曲をイメージしたお菓子。

歌詞の中に出てくる言葉にちなんで…
「あかしあの花」から、アカシアはちみつ。
「白い時計台」から、パッケージに札幌の時計台。
を採用しています。 サクサクのパイに、香り高い果実「マルメロ」のゼリーとアカシアはちみつを合わせたレモンチョコクリームがはさまれています。
(「マルメロ」とは、西洋かりんとも呼ばれる、強い香りと甘酸っぱさが特徴の果実です。)

物産展などでは、ほとんど見かけないお菓子です。

六花亭 お菓子 通信販売6「霜だたみ」

十勝平野に冬が訪れ、初霜が降りた寒い朝。
大地を踏みしめた時の「サクッ」とした感触をイメージしてつくられた「霜だたみ」。

チョコレート味のサクサクパイにカプチーノ味のクリーム。
パイには初霜のように砂糖がかかっています。 カプチーノ味のクリームはとても軽く口の中で溶けるよう♡

コーヒーと一緒に食べると合いますよ♡

 

お腹いっぱいのサブ郎&サブ子。

お土産お菓子もたくさん買って、大満足で「六花亭 札幌本店」を後にしました♡

 

少しでも参考になると、うれしいです。





店舗情報「六花亭 札幌本店