【神奈川県鎌倉市】「なるほど!ザワールド」レポーター・迫文代さんのカレー店「Copepe(コペペ)」!メニューも(^^)/


この記事は 約7 分で読めます。

ぽっぽ―♪ 旅する食いしん坊 はとサブ子です(*•ө•*)ノ♡

サブ子は小学生の頃、「なるほど!ザ・ワールド」というテレビ番組が好きでした。

色々な国の現地取材レポートをクイズで紹介する番組で、毎週火曜日はお風呂上がりに「なるほど!ザ・ワールド」を見てから寝るという生活をしていました。笑

 

その中でも、印象的だったのが、迫文代さんと増田由美さん(ひょうきん由美さん)。

女優さんたちの回は、素敵な服を着て、おいしそうなものを食べているのに…迫文代さんと増田由美さんの回は何かが違うのです。

 

「えー??」と思うものを食べたり、「えー??」と思うような僻地に行ったり…

小学校低学年のサブ子は母に、

「いつもすごいところに行かされていて、かわいそう。もっといいところに行けばいいのに…」

と言って心配していたものでした…(´・ω・`)

とはいえ、どんな場所でも笑顔を絶やさず取材をする、迫文代さんと増田由美さんはサブ子の中で超リスペクト!

 

今回は、そんなサブ子が超リスペクトする迫文代さんのカレー屋Copepe(コペペ)」に行ってきました。

本物の迫文代さんに会えるなんて…((〃゚艸゚))ドキドキ♡



鎌倉 迫文代 カレー「copepe(コペペ)」

鎌倉にあるカレーCopepe(コペペ)」は、世界中を取材した迫文代さんが、レポーター歴25年(回ったお店は数千軒!)の集大成としてオープンした「こだわりの手作りカレー」のお店です。

 

グルメリポートで訪れた銀座の名店で、半年間修業。

こだわり尽くした手作りカレーやデザートを、世界各国の雑貨に囲まれたテラス・リビングで、鎌倉ならではの季節を感じながらゆっくり味わっていただけます。

 

店名の「Copepe(コペペ)」とは父島(小笠原村)にある海岸の名前。

小笠原が好きで30回以上行っているという迫文代さん。

Copepe(コペペ)」の由来はギルバード諸島出身の先住民「コペペ」からこの名がついたそうで、サンゴや魚が多くアオウミガメの産卵地としても知られています。

 

小笠原、サブ子も行ってみたいです…*゚。+(n´v`n)+。゚*

鎌倉 迫文代 カレー copepe(コペペ)「アクセス」(行き方)

カレーCopepe(コペペ)」に車でアクセスする場合の行き方は、

カーナビ住所を「神奈川県鎌倉市小町1-14-10」に設定。

(駐車場はありませんので、近くの有料駐車場などに駐車する必要あり)

 

カレーCopepe(コペペ)」に電車でアクセスする場合の行き方は、

JR「鎌倉」駅から、徒歩で約5分 (約260m)

若宮大路のローソンの先の路地を左へ進み、小さな川を渡ってすぐのところにあります。

鎌倉 迫文代 カレー copepe(コペペ)「住所」(場所)

カレーCopepe(コペペ)」の住所(場所)は、

〒248-0006
神奈川県鎌倉市小町1-14-10

です。

鎌倉 迫文代 カレー copepe(コペペ)「駐車場」

カレーCopepe(コペペ)」には、駐車場はありません。

周辺のコインパーキングや有料の駐車場に、駐車する形になります。


ただ、駐車場がないお店や施設の周辺のコインパーキングや有料の駐車場は、満車になっていることも多いです。

不安な方は、【軒先パーキング】【akippa(あきっぱ!)】【特P(とくぴー)】などの駐車場事前予約サイトで周辺の駐車場を検索し、駐車場を予約しておくと、当日は確実に駐車できて安心ですよ(^^)

鎌倉 迫文代 カレー copepe(コペペ)「営業時間」

カレーCopepe(コペペ)」の営業時間は、

11:30~16:00

です。

鎌倉 迫文代 カレー copepe(コペペ)「定休日」

カレーCopepe(コペペ)」の定休日は不定休ですが、8月から9月の中旬までは小笠原でレモンを収穫してくるため、お休みされるそうです。

その頃に来店したい場合は、念のため営業しているか電話で聞いてみた方がよさそうです。

鎌倉 迫文代 カレー copepe(コペペ)「電話番号」

カレーCopepe(コペペ)」の電話番号は、

0467-24-9919

です。

鎌倉 迫文代 カレー copepe(コペペ)「外観」

鎌倉 迫文代 カレー copepe コペペ

カレーCopepe(コペペ)」は迫文代さんのご実家を改装したお店で、表通りから少し入った住宅街にあります。

 

迫文代さんは世界を駆け巡ったお仕事だったので、そのツテを使って国内外から建材を仕入れて、自分の理想のお家を建てたそうです。

すごく素敵なお家です♡

鎌倉 迫文代 カレー copepe コペペ

カレーCopepe(コペペ)」のお店は2階です。

 

ドキドキしながら、階段を上がります。

鎌倉 迫文代 カレー copepe(コペペ)「店内」

鎌倉 迫文代 カレー copepe コペペ

カレーCopepe(コペペ)」のお店は、靴のままで大丈夫な所と…

(ここのテーブルは、土足でOK!)

鎌倉 迫文代 カレー copepe コペペ

土足厳禁の所があります。

(こちらは土足厳禁。)

 

トイレは土足厳禁のところにありました。

鎌倉 迫文代 カレー copepe(コペペ)「メニュー」

鎌倉 迫文代 カレー copepe コペペ メニュー

カレーメニューは、

「ビーフカレー鎌倉野菜のサラダ付き」 (900円)

「サラダカレー鎌倉野菜のサラダ付き」 (900円)

「焼きチーズカレー鎌倉野菜のサラダ付き」 (900円)

「ドリンクセット コーヒー or 紅茶 (ホット・アイス)」 (1200円)

「ドリンク&デザートセット (なめらかプリン or 小笠原のレモンヨーグルト or 小笠原のレモンチーズタルト)」 (1600円)

鎌倉 迫文代 カレー copepe コペペ メニュー 天使のエビカレー

「天使のエビカレー 鎌倉野菜のサラダ付き」 (1500円) … 数量限定

 

パプアニューギニア産の最高級ブランド「天使のエビ」を贅沢に2匹も盛り付けた至高の一品。

殻ごと食べられるエビの内からあふれる濃厚なミソがカレーと絡み合い、食欲を掻き立てられます。

鎌倉 迫文代 カレー copepe コペペ メニュー

ドリンクメニューは、

「コーヒー (ホット・アイス)」 (400円)

「紅茶 (ホット・アイス)」 (400円)

「小笠原の島レモンジュース」 (500円)

「ゆずスカッシュ」 (500円)

「ビール(中ビン)」 (600円)

「ハーフボトルワイン」 (1200円)

 

デザートメニューは、

「なめらかプリン」 (500円)

「小笠原のレモンヨーグルト」 (500円)

「小笠原のレモンチーズタルト」 (500円)

 

サブ郎さんは、「ビーフカレー 鎌倉野菜のサラダ付き」 (900円)

サブ子は、「焼きチーズカレー 鎌倉野菜のサラダ付き」 (900円) と 「小笠原の島レモンジュース」 (500円)にしました。

 

…本当は「天使のエビカレー」 (1500円) が、めちゃくちゃ気になったんですけどね…

でも、焼きチーズカレーがおいしいというネットの評判を見たので、今回は焼きチーズカレーにしました(^▽^;)笑

迫文代 カレー copepe(コペペ) メニュー1「小笠原の島レモンジュース」

鎌倉 迫文代 カレー copepe コペペ 小笠原の島レモンジュース

「小笠原の島レモンジュース」 (500円)

 

小笠原から届いた島レモンで作ったレモンジュース!

シロップも付いてきます。

鎌倉 迫文代 カレー copepe コペペ 小笠原の島レモンジュース

よーく見るとレモンのつぶつぶが、いっぱい♡

 

飲むと爽やかなレモンの香りと酸っぱさがお口の中に広がります。

本当にレモン丸々絞ったジュースの味です。

 

柑橘系が大好きなサブ子は、シロップなしでも全然いけました。笑

シロップなしで、これほど飲めるレモンジュースってめずらしいです。

もちろんシロップを入れても、おいしいですよ。

迫文代 カレー copepe(コペペ) メニュー2「鎌倉野菜のサラダ」

鎌倉 迫文代 カレー copepe コペペ 鎌倉野菜のサラダ

カレーに付いてくる鎌倉野菜のサラダです。

 

鎌倉野菜の色が濃くて、シャキシャキしていておいしいです。

迫文代 カレー copepe(コペペ) メニュー3「ビーフカレー」

鎌倉 迫文代 カレー copepe コペペ ビーフカレー

「ビーフカレー」 (900円)

 

レーズンがかわいい♡

鎌倉 迫文代 カレー copepe コペペ ビーフカレー

東京吉兆料理長直伝の、ちょっとピリ辛なカレー

 

ホロホロに溶けたビーフがたまりません♡

迫文代 カレー copepe(コペペ) メニュー4「焼きチーズカレー」

鎌倉 迫文代 カレー copepe コペペ 焼きチーズカレー

「焼きチーズカレー」 (900円)

 

「焼きチーズカレー」、注文があると一皿ずつ焼いていくそうです。

 

おいしそうなカレーのにおい…

早く食べたい…♡

鎌倉 迫文代 カレー copepe コペペ 焼きチーズカレー

そうそう、食べ始めると、写真を撮らなくなる癖のあるサブ子。(食に集中する派。笑)

忘れずに、チーズのとろりとしたところを…♡

 

味はスパイシーだけど、まろやかな味わい (^^)

いくらでも食べられそうです♡♡♡



[**次ページへ続く**]