【淡路島】なないろ館(うずしおクルーズ)のある「道の駅 福良」で車中泊!海鮮丼ランチ・足湯・レンタルサービスも(^^)


この記事は 約6 分で読めます。

旅は、安く楽しく♪ をモットーにしている「Hatrip(はとりっぷ)」。

 

淡路島の旅は、食べ物にお金をかけたいっ!

ということで、お宿は無料の車中泊にすることにしました。

 

車中泊は無料だし、チェックイン・チェックアウトを気にしなくていいし、自由気ままに過ごせるので、気に入っています。笑

もちろんお宿の良さもあるし、淡路島は良いお宿があることも知っているのですが…

淡路島にまた来た時のお楽しみにとっておきます(^^) 笑

 

サブ子が車中泊するのは、だいたい道の駅です。

なぜかというと…トイレがあるから♡

さらに、水道も使えるから、歯みがきもできます♡

夜中に無料で使えるトイレを備えてくださる道の駅様には本当に感謝です(^^)

 

そして今回、車中泊をする場所に選んだのは、「道の駅 福良」です。

うずしおドーム なないろ館」のある道の駅なのです。



淡路島 車中泊「道の駅 福良」

淡路島 道の駅福良

サブ子たちは、近くの温泉「南あわじリフレッシュ交流ハウス ゆ―ぷる」でお風呂に入り、ご飯を食べてから「道の駅 福良」に来ました。

すでに「南あわじリフレッシュ交流ハウス ゆ―ぷる」で歯みがきをしてきたので、トイレ(上記写真)に行ってすぐ車中泊

 

サブ子たちの他にも、車中泊らしき車が3~4台停まっていましたよ。

なんだか、仲間がいると心強いですよね。笑

 

目覚めると、8:00ごろから開店の準備を始めているお店の方もいました。

そして、車中泊の方々も次々と別の場所へと移動していきました。

淡路島 車中泊 道の駅福良「アクセス」

淡路島 道の駅福良 うずしおドーム なないろ館

淡路島道の駅 福良」に車でアクセスする場合には、

(1)神戸方面から

神戸淡路鳴門自動車道「西淡三原」IC → 県道31号線 → 「道の駅 福良

(神戸三宮から約80分、大阪梅田から約120分)

 

(2)四国方面から

神戸淡路鳴門自動車道「淡路南」IC → 県道25号線 → 「道の駅 福良

(徳島から約50分、香川高松から約110分)

 

淡路島道の駅 福良」にバスでアクセスする場合には、

神戸三宮バスターミナル → (淡路交通 または 神姫バス) → 高速舞子バス停 → 福良バスターミナル → (徒歩) → 「道の駅 福良

淡路島 車中泊 道の駅福良「駐車場」

淡路島道の駅 福良」の駐車場は、40台駐車できます。

道の駅ということもあり、駐車場の駐車料金は無料です。

淡路島 車中泊 道の駅福良「営業時間」

淡路島道の駅 福良」の営業時間は、

9:00~17:00

です。

(駐車場・トイレ・公衆電話は24時間利用可能)

 

淡路島道の駅 福良」は、年中無休です。

淡路島 車中泊 道の駅福良「うずしおドーム なないろ館」

淡路島 道の駅福良 うずしおドーム なないろ館

道の駅 福良にある「うずしおドーム なないろ館」。

 

うずしおドーム なないろ館」は円形の屋根が特徴的な、南あわじ市の総合観光施設。

うず潮観潮船 日本丸/咸臨丸」(うずしおクルーズ)の発着場となっていて、観光案内所やレストランを併設しています。

1階にはうずしおクルーズのチケット売場や、地元特産のワカメなどを売っているショップ。

4階には展望台があり、展望台からは福良湾を一望できます。

 

うずしおドーム なないろ館」の近くには、500年の伝統芸能を誇る国指定重要無形民俗文化財 人形浄瑠璃を上演する「淡路人形浄瑠璃館」や「うずの湯」(足湯)などがあります。

 

うずしおドーム なないろ館」周辺には藤をはじめ、桜やサザンカ、チューリップ、パンジー、ポーチュラカ、マリーゴールド、ジニアなどが植えられており、季節ごとに違った花を楽しむこともできますよ。

淡路島 車中泊 道の駅福良「うずしおクルーズ」

道の駅 福良うずしおドーム なないろ館」でチケットが購入できる「うずしおクルーズ」。

 

うずしおクルーズ」は、鳴門海峡の世界最大のうずしおを目の前で体験できるクルージング

鳴門海峡のうずしおは、春と秋の大潮時には直径20mにもなります。

この規模のうずしおが見られるのは、世界中で鳴門海峡だけです!

 

うずしおクルーズでは、そんな世界最大のうずしおの目の前まで接近。

船でうずしおのすぐ近くを通過するんです。

間近で見るうずしおは、想像をはるかに超える大迫力なんだとか!

 

うずしおクルーズで乗る船は、「咸臨丸」と「日本丸」の2つ。

咸臨丸」と「日本丸」は大型船で、安定感が高く揺れが少ないので、お子様やお年寄りでも安心してうずしおを楽しめるそうです。

 

うずしおクルーズで乗る「咸臨丸」の船内には、冷暖房完備の客室があります。

オープンデッキに出ると、潮の香りとやわらかい海風が身体を包み込んでくれます。

 

咸臨丸」では、夏にはオープンデッキで乾杯なんてこともできるそうです。

冬にはたくさんのカモメ達と一緒に鳴門海峡に向かうのだとか。

 

うずしおクルーズ日本丸」は、普段は臨時便として運行されています。

夏には各地の花火大会や、企業パーティーでの貸切船として活躍しているそうです。

淡路島 車中泊 道の駅福良「海鮮丼」(ランチ)

淡路島 道の駅福良 ランチ 海鮮丼

淡路島道の駅 福良」では、ランチ海鮮丼を食べられるお店がいくつかあります。

うずしおクルーズが楽しんだ後に海鮮丼ランチを食べる、なんて方も多いようです。

 

海鮮丼以外にもメニューはあるようですが、いくつか海鮮丼ランチが食べられるお店をご紹介しますね。

淡路島 道の駅福良 ランチ 海鮮丼「レストランなないろ」

レストランなないろ」は「うずしおドーム なないろ館」の2階にあるレストランです。

海鮮丼などの海鮮料理だけでなく、うどんなどのメニューもあるようです。

 

レストランなないろ」の窓から見える福良湾の眺めは最高だとか。

うずしおクルーズの発着する眺めも見られるそうですよ。

淡路島 道の駅福良 ランチ 海鮮丼「山武水産」

山武水産」は、「道の駅 福良」の目の前にある、海産物のお店の一角にあるお店です。

店内は昔ながらの炉端焼きスタイルで、「うに丼」が人気だそうですが、「海鮮丼」も有名みたいです。

 

山武水産」のメニューは他にも「生しらす丼」「穴子丼」「まぐろ丼」「いくら丼」「うに丼」などがあるようです。

淡路島 道の駅福良 ランチ 海鮮丼「福良マルシェ」

福良マルシェ」は、「道の駅 福良」から徒歩1分ぐらいのところにある、農産物や海産物の直売を行っているお店です。

獲れたての海鮮を使った「セルフ海鮮丼」というものがあり、これは福良マルシェのお刺身コーナーで自分の好きな魚を選んで、飲食コーナーでご飯を購入し、自分で海鮮丼を作るというもの。

 

お店のメニューとして海鮮丼があるというよりは、自分で材料を選んで海鮮丼を作るという感じなので、自分で選べるぶん安く海鮮丼を食べることができるということみたいですね。

 

念のため、地図を掲載しておきますね。



[**次ページへ続く**]