【群馬】料金割引クーポン有!冬の北軽井沢「鬼押出し園」!ライブカメラ映像&浅間山観音堂で参拝も(^人^)


この記事は 約6 分で読めます。

ぽっぽ―♪ 旅する食いしん坊 はとサブ子です(*•ө•*)ノ♡

「鬼押出し園」という場所があることをご存知ですか?

ちなみに、サブ子は全く知りませんでした。笑

 

鬼押出し園上信越高原国立公園とも言われているそうです。



「鬼押出し園」(上信越高原国立公園)とは

鬼押出し園」とは、群馬県吾妻郡嬬恋村にある公園。

株式会社プリンスホテルによって運営されています。

 

「鬼押出し」の名前の由来は明らかではありませんが、元来鬼が棲むと呼ばれた浅間山から流れ出る溶岩流の姿から、鬼が押し出しているようだと名付けられた説が有力のようです。

 

鬼押出し園の中には無数の奇岩があり、これらの奇岩は天明3年(1783年)の浅間山の噴火の際に流れ出た溶岩が冷えて固まったもので、真っ黒くゴツゴツしていて、噴火規模の大きさを物語ります。

無数にある奇岩の間を縫って散策路が設置されていて、惣門から浅間山観音堂の表参道のコース(510m)や、四季折々の高山植物を楽しめる高山植物観察コース(700m)などいろいろなコースが用意されています。

 

鬼押出し園の園内には、東京上野の寛永寺の別院である浅間山観音堂が設置されています。

浅間山観音堂は、天明3年(1783年)の浅間山噴火の犠牲者を弔う目的で昭和33年(1958年)に建てられました。

 

鬼押出し園は高山植物が育つほどの高地にあるため、園内からは浅間山を一望することができます。

鬼押出し園(上信越高原国立公園)「料金」と「割引クーポン」

鬼押出し園の入園料は650円。

 

ただ、鬼押出し園割引クーポンを使えば、割引価格で入園することができます。

最大100円の割引になりますので、ぜひご利用下さいね。(※土日は割引対象外)

 

また、JAFカード割引でも100円の割引になります。

まだJAF会員で無い方は、【JAF新規会員登録】すれば、JAFの様々な割引が受けられますよ。


旅に出かけると、JAFカードを持っていればタイヤのパンクやバーストにも24時間365日ほとんど無料で対応してくれるので安心なのはもちろんですが、JAFカードはクーポン割引券の代わりとして割引やサービスに使えるので助かります。

まだJAF会員で無い方はぜひ、【JAF新規会員登録】をおすすめします!

鬼押出し園(上信越高原国立公園)「アクセス」

鬼押出し園(上信越高原国立公園)に車でアクセスする場合には、

上信越自動車道「碓氷軽井沢」ICから中軽井沢、鬼押ハイウェー経由で30km (約45分) 、「小諸I」ICから中軽井沢、鬼押ハイウェー経由で35km (約50分)

 

鬼押出し園(上信越高原国立公園)に電車でアクセスする場合には、

北陸新幹線(長野経由)「軽井沢」駅からバスで約40分

しなの鉄道「中軽井沢」駅からバスで約30分

吾妻線「万座・鹿沢口」駅からバスで約25分

鬼押出し園(上信越高原国立公園)「駐車場」

鬼押出し園(上信越高原国立公園)の駐車場は無料です。

乗用車が750台、バスが35台停車できる、広めの駐車場となっています。

鬼押出し園(上信越高原国立公園)「入園口」 &「 遊歩マップ」

鬼押出し園 入園口

鬼押出し園の入園口には、芸能人の写真や番組のステッカーがたくさんありました。(おじゃマップ・ももクロ・スギちゃんなどなど…)

鬼押出し園 遊歩マップ

鬼押出し園の遊歩マップを見ながら、歩くコースを決めます。

サブ子たちは距離の一番短いコース!笑

鬼押出し園(上信越高原国立公園)「鬼押溶岩流」

鬼押出し園 鬼押溶岩流

1783年の浅間山噴火の最後に流出したのが、鬼押出し園の「鬼押溶岩流」。

その溶岩が冷えて固まり不思議な景観になったそう。

 

浅間山に住んでいたと言われる鬼の行状が噴火にかかわっていると言われたことと、押出しの奇異な現象を見た人たちが自然発生的に名付けられたそうです。

なるほどー♡

鬼押出し園 浅間山

浅間山と火山が作った、鬼押出し園不思議な石の光景。

自然のすごさを感じます!

鬼押出し園 鬼

鬼押出し園の遊歩コースの途中には鬼がいたり、岩の上の一本松があったりと楽しいです。

鬼押出し園 一本松

鬼押出し園、ごつごつした岩の上の一本松。

自然の造形美が素晴らしいです。




鬼押出し園(上信越高原国立公園)「東叡山寛永寺別院 浅間山観音堂」

鬼押出し園の遊歩コースをさらに進むと、お寺が見えてきました。

鬼押出し園 浅間山観音堂

鬼押出し園では、鐘を鳴らすこともできます。

鬼押出し園 浅間山観音堂

良い音を出すポイントは、橦木(しゅもく)のひもを引いたら、自分で鳴らすよりも、引いた反動で鳴らす(ひもを握っている手の力を緩める)といいそうですよ。

サブ子はその方法でかなり大きな音が出ました。

大自然の中で鐘を鳴らすのは気持ちがいいですね!

 

そしてこちらが、鬼押出し園の中にある「東叡山寛永寺別院 浅間山観音堂」

周りは灰色の岩だらけなのに、東叡山寛永寺別院 浅間山観音堂だけはひと際あざやか!

しっかり参拝してきました。

 

眺めも最高でしたー!

鬼押出し園(上信越高原国立公園)「売店」(冬も営業中)

鬼押出し園

冬はシーズンオフのため園内のお店はほとんど閉まっていましたが、鬼押出し園駐車場の隣にある売店は営業していました。

 

お店の外に貼ってある鬼のステッカーが、サンリオのゴロピカドンに似ている…笑(ボソ)

そして鬼押出し園の売店のすごいところは…

大きなストーブの熱を使ってポップコーン (300円) が作れるのです!!

そんな売店初めて見ましたー!!

 

この鬼押出し園、昔よりも高山植物をはじめとした花や緑が育ってきているそうです。

5月から10月ごろまでは、コケが光って見えるというヒカリゴケも見れますよ。

鬼押出し園(上信越高原国立公園)「ライブカメラ」

鬼押出し園には移動型のライブカメラがあります。

標高1322mの鬼押出し園から浅間山(標高2,568m)を映した映像を配信しているライブカメラとなっています。

 

鬼押出し園ライブカメラは、午前7時から午後16時30分まで、30分間隔で静止画像を配信しています。

(太陽光発電により電源が供給されているので、天候状況によって配信されない場合もあります)

鬼押出し園 ライブカメラ

 

 

鬼押出し園は大自然を楽しめる素敵な公園でした♡

 

少しでも参考になると、うれしいです。





施設情報「鬼押出し園