【長野】星野リゾート(星のや)・軽井沢ホテルブレストンコート「石の教会 内村鑑三記念堂」見学!人気の結婚式場(*^^*)


この記事は 約4 分で読めます。

ぽっぽ―♪ 旅する食いしん坊 はとサブ子です(*•ө•*)ノ♡

星野リゾート(星のや)、軽井沢ホテルブレストンコート内の「石の教会 内村鑑三記念堂

明治・大正に活躍したキリスト教伝道師の内村鑑三さんの功績を記念して建てられました。

 

石の教会 内村鑑三記念堂」は、結婚式場としても人気の施設です。

 

内村鑑三さんは…サブ子は読んだことが無いのですが、 後世への最大遺物」「代表的日本人」「基督信徒のなぐさめなどの書籍が有名な思想家でもあるそうです。

 



軽井沢「石の教会 内村鑑三記念堂」

石の教会 内村鑑三記念堂」とは、1988年に竣工された、長野県北佐久郡軽井沢町にある教会と記念館。

軽井沢のホテルブレストンコートに隣接する、星野リゾート(星のや)が運営する施設です。

 

明治・大正期のキリスト教思想家・文学者・伝道者・聖書学者である内村鑑三氏が唱えた「無教会思想」をもとに誕生した教会で、内村鑑三氏の顕彰を目的として建てられた教会。

地上が「礼拝堂」、地下が「内村鑑三記念堂」という作りになっています。

 

内村鑑三氏は、明治時代の日本のキリスト教思想家・文学者・伝道者・聖書学者。

「福音主義信仰」と「時事社会批判」に基づく日本独自のいわゆる無教会主義を唱えました。

有名な著作としては、「代表的日本人」「基督信徒のなぐさめ」「後世への最大遺物」などがあります。

 

石の教会の地下の「内村鑑三記念堂」には資料展示室があり、内村鑑三氏直筆の書や貴重な写真を閲覧することができます。

軽井沢 石の教会 内村鑑三記念堂「設計」

石の教会 内村鑑三記念堂」の設計を行ったのは、アメリカ人の建築家であるケンドリック・ケロッグ氏。

ケンドリック・ケロッグ氏は、三大建築の巨匠と称賛されるフランク・ロイド・ライトの流れをくむ建築家だそうです。

 

石とガラスの異なるアーチが重なり合う独特のフォルムで、石は男性、ガラスは女性を象徴しているとされています。

旧約聖書の天地創造の五つの要素である光・水・木・石・緑を取り入れて設計された建築物です。

 

内村鑑三記念堂内にはアーチから自然光が差し込み、荘厳な雰囲気に満ちています。

軽井沢 石の教会 内村鑑三記念堂「駐車場」

石の教会 内村鑑三記念堂」の駐車場は無料です。

最大で160台まで入れる駐車場となっています。

軽井沢 石の教会 内村鑑三記念堂「駐車場」から「入口」まで

石の教会 内村鑑三記念堂は、結婚式のない時は解放されていて、教会内に入ることができます。(もちろん無料です)

 

以前に石の教会 内村鑑三記念堂を訪問した時は日曜日で結婚式があり入れなかったのですが、今回は平日だったので中に入ることが出来ました♡

石の教会 内村鑑三記念堂

駐車場から石の教会へ向かう入り口にはおしゃれなベンチが!

石の教会 内村鑑三記念堂

そして、石の教会全体の作りが書いてある看板があります。

石の教会 内村鑑三記念堂

石の教会を上から見たところ。

雪がさらに良い雰囲気を出してくれています。

石の教会 内村鑑三記念堂

冬は雪が積もっているので、石段は気を付けないとね。

石の教会には、雪で通行止めの場所もありました。

石の教会 内村鑑三記念堂

石の教会のアシンメトリーなデザインが森の中で映えています。

軽井沢 石の教会 内村鑑三記念堂「入口」

石の教会 内村鑑三記念堂

石の教会 内村鑑三記念堂の入口は木とガラスの大きな扉です。

石の教会 内村鑑三記念堂

石の教会 内村鑑三記念堂の足元にはこのようなプレートが埋め込まれていました。

石の教会 内村鑑三記念堂

石の教会 内村鑑三記念堂の入口のドアから入ると…す、すごい!

外観にイメージとは一味違う繊細な石のデザイン。

 

白い看板の先は撮影禁止ですが、見学はできます

 

石の教会内は石とガラスの織りなすアーチが素敵。

旧約聖書の天地創造の五つの要素である光・水・木・石・緑を取り入れて設計された建築物です。

石のデザインも素敵ですが、光の入り方も計算されていて、本当に感動しました。

 

石の教会は、凛とした空気が流れる、ちょっと背筋を伸ばしていたくなる場所。

解説してくださった方によると「バージンロードが長く、2階から、らせん状に下る珍しい作り」だそうです。

 

石の教会 内村鑑三記念堂で結婚したカップルの皆様がずっと幸せでいられますように…と願ってきました♡

そして、サブ子たちは結婚式をしていないので、近いうちに(若いうちに)せめて結婚写真が撮れますようにと秘かに願うのでした。



[**次ページへ続く**]