【秋田】湯めぐり帖で冬の仙北市「休暇村 乳頭温泉郷」日帰り露天風呂!ホテル前まで「湯めぐり号」も(*^^*)


この記事は 約5 分で読めます。

ぽっぽ―♪ 旅する食いしん坊 はとサブ子です(*•ө•*)ノ♡

乳頭温泉郷での湯めぐりツアー、蟹場温泉大釜温泉に続いての三番目は、「休暇村 乳頭温泉郷」!

休暇村乳頭温泉郷の中で、一番大きくてきれいな温泉でした。

休暇村は近年リニューアルされて、乳頭温泉郷の中では最も近代的な施設なのだとか。

きれい好きな女子には好かれるお風呂だと思います。

 

そんな「休暇村 乳頭温泉郷」についてご紹介します(^^)



乳頭温泉郷「湯めぐり帖」

乳頭温泉郷の「湯めぐり帖」で休暇村 乳頭温泉郷へ!

乳頭温泉郷 湯めぐり帖

湯めぐり帖(1800円)とは…

乳頭温泉郷の宿泊者限定で販売されています。

 

購入は各宿泊施設のフロントのみ。

乳頭温泉郷の7軒(鶴の湯温泉妙乃湯温泉蟹場温泉大釜温泉・孫六温泉・黒湯温泉・休暇村 乳頭温泉郷)の入浴が1回ずつ出来ます。

ただし冬は孫六温泉・黒湯温泉が閉鎖されてしまうので5軒のみ、入れます。

 

湯めぐりの循環バス「湯めぐり号」も無料で乗れます。(予約が必要)

入浴も無料の循環バス「湯めぐり号」も1年間有効です。

休暇村 乳頭温泉郷

休暇村 乳頭温泉郷

休暇村 乳頭温泉郷」のフロントの方にスタンプを押してもらったら「団体のお客様が3時までいらっしゃいますので、混んでいると思います。」と教えてくれました。

 

少し時間をずらすため、お土産を見たり、ロビーで休んだりしました。

休暇村 乳頭温泉郷は売店やカフェのメニューが充実していて、誘惑が多いです。笑

 

休暇村 乳頭温泉郷の温泉は3階。廊下を通ってエレベーターで向かいます。

休暇村 乳頭温泉郷 エレベーターホール

休暇村 乳頭温泉郷の1階のエレベーターホールにはかわいい絵が飾ってありました。

休暇村 乳頭温泉郷 図書コーナー

休暇村 乳頭温泉郷の3階のエレベーターホールの前には「図書コーナー」があります。

冊数は少ないですが、大人向けの本から子ども向けの本まで揃っています。

休暇村 乳頭温泉郷 読書スペース

読書スペースもおしゃれで、面白い作りですよね!

木のぬくもりを感じます。

休暇村 乳頭温泉郷「ぶな林の湯」

休暇村乳頭温泉郷 ぶな林の湯

休暇村乳頭温泉郷「ぶな林の湯」

泉質:単純硫黄泉・ナトリウム炭酸水素塩泉

効能:高血圧症、動脈硬化など

立寄り湯:11時~17時

混浴なし

休暇村 乳頭温泉郷

マッサージ椅子と小ぶりな卓球セットがあります。

休暇村 乳頭温泉郷

反対側には自販機と洗濯機!

休暇村 乳頭温泉郷

休暇村 乳頭温泉郷は、乳頭温泉郷の中で一番大きくてきれいなお風呂でした。

 

休暇村は近年リニューアルされて、乳頭温泉郷の中では最も近代的な施設なのだそう。

きれい好きな女子には好かれるお風呂だと思いますが、昔からの温泉の雰囲気を味わいたい方には物足りないかもしれません。

 

でも、休暇村 乳頭温泉郷の泉質は良く、乳頭温泉と田沢湖高原温泉の2種類が楽しめます

露天風呂も楽しめるし、シャワーもたくさんあります。

休暇村 乳頭温泉郷

休暇村 乳頭温泉郷は秘湯感はありませんが、その分、入浴着(手術跡があって人に見られたくない人用)の用意があったり、脱衣所がロッカーになっていて鍵をかけられたり、脱衣所に給水機があったりと、この周辺の温泉宿にはないサービスもあります

脱衣所も暖かく、きれいです。

 

ベビーベッドがあったのは休暇村 乳頭温泉郷のみ!

小さなお子さん連れなら、迷わず休暇村 乳頭温泉郷ですね。




休暇村 乳頭温泉郷「どんぶくレンタルコーナー」

休暇村 乳頭温泉郷 どんぶくレンタルコーナー

休暇村 乳頭温泉郷の1階には「どんぶくレンタルコーナー」があります。

 

東北の一部のエリアでは、綿入れのことを「どんぶく」と言うそうです。

休暇村 乳頭温泉郷の「どんぶく」は無料で貸し出しを行っているので、自由に寒さをしのぐ東北の文化にふれることができますよ。

 

普段なかなか着る機会のない「どんぶく」を着て記念写真を撮るのも楽しいですよね。

インスタ映えも間違いない??笑

乳頭温泉郷「湯めぐり号」

乳頭温泉郷 湯めぐり号

こちらが乳頭温泉郷の「湯めぐり号」!

 

乳頭温泉郷湯めぐり帖を購入して、予約しておけば無料で乗れる「湯めぐり号」。

バスの上に風呂桶がついています。かわいい(・∀・)♡

 

休暇村 乳頭温泉郷の近くにはバス停があり、路線バス(有料)も走っていますが、湯めぐり号はホテルの前まで来てくれるのです!

寒い中バス停で待たなくても、ロビーからバスが来たか分かるので、とっても助かります♡

 

サブ子たちは休暇村 乳頭温泉郷から鶴の湯温泉まで、こちらの湯めぐり号で行きました。

鶴の湯温泉までは、道も細く、かなりの雪道でした。

 

少しでも参考になると、うれしいです。





施設情報「休暇村 乳頭温泉郷