【埼玉】秩父「豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」で豚味噌丼!メニューは3種類&持ち帰り(テイクアウト)可(^v^)


この記事は 約4 分で読めます。

秩父といえば、豚丼・わらじカツが有名ですよね!

 

今回の旅では、行列のできるお店として有名な豚みそ丼専門店の「豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」に行きました。

こちらの豚みそ丼本舗 お食事処 野さか秩父行列ができる人気店豚味噌丼の元祖発祥の店でもあるのです。

 

サブ子たちは豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」の開店15分前(10時45分)に到着。

あまり長い時間は並びたくないので「行列が長かったら止めよう」と言っていたのですが…

列が20人ほどだったので、並びました。笑



秩父名物 豚みそ丼専門店!「豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」

「豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」の外観

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」は東武秩父駅近くにある人気の豚味噌丼屋さんです。

 

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」の営業時間は11時~15時ですが、お肉がなくなり次第、その日の営業は終了になります

どうしても野さか豚味噌丼を食べたい方はお早めに~!

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」の店頭には大きなぶたさんの顔がっ!

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか

こちらが、ぶたさんの横顔。笑

めちゃくちゃ立体的です。かわいい~♡

「豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」のメニュー&食券購入

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか メニュー

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」の店内に入ると、まずは食券を購入。

 

サブ子は「ロース&バラ」の並盛(900円)。

友だちは「ロース&バラ」の大盛(1100円)。

友だちは特盛(1550円)を楽しみにしていたようですが、お休みとのことで…残念。

 

市川いちご園の「あまりん」「かおりん」を食べた後なのに、サブ子以外全員大盛りをチョイスするなんて…うらやましい食欲(^^)

食券を購入すると、その場で豚みそ丼本舗 お食事処 野さかの店員さんに食券を渡します。

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」は、店内も外見もレトロな雰囲気の木造一軒家のお店です。

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか

野さかの店内には色々なタッチの絵が飾ってありましたよ。

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか

野さかは、お茶とお水はセルフサービスです。

「豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」の豚味噌丼

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか 豚味噌丼

やってまいりました~♡

「ロース&バラ」の並盛。お新香とお味噌汁もついてきます。

 

並盛ですが、お肉がはみ出ています

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか 豚味噌丼 並盛

どんぶりを開けると、ジャーン!!

並盛のサブ子はロースとバラが2枚ずつ入っています。

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか 豚味噌丼 大盛

サブ子のお友だちが注文した「大盛」は…ロースとバラが3枚ずつ!!

 

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」のお肉は備長炭を使って焼いているので、お肉がとても香ばしいです。

ロース肉の柔らかくしっかりした食感。

バラ肉の脂がトロトロしている食感。どちらもたまらないです。

 

さらに、おいしい味噌が豚肉にしっかりと染みていて、ご飯がもりもり食べられます。

あっという間に完食です。

 

並盛でも十分お腹いっぱいになりましたよ(^^)♡

「豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」は持ち帰り(テイクアウト)も可能

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか 豚味噌丼 お箸袋

豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」は、お箸袋もかわいい~♡

 

外を見るとまだ並んでいる人がたくさん!

食後は急いで外に出ました。

 

おいしかったので、また「豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」に食べに来たいです♡(あんまり並ばなければ…笑)

 

また、「豚みそ丼本舗 お食事処 野さか」は持ち帰り(テイクアウト)も可能です。

保冷剤や保冷バッグも販売されているので、持ち帰り(テイクアウト)をご希望の方にもうれしいですね。

 

少しでも参考になると、うれしいです。





店舗情報「豚みそ丼本舗 お食事処 野さか